ジェネリック医薬品を扱う長生堂製薬株式会社

先発タイプと比較しても、効果や安全性が同等と言われているのがジェネリックの医薬品です。長生堂製薬株式会社では製造を行っており、積極的に普及に努めています。低価格でありながら安心感を与えてくれるため、積極的に選ぶ消費者も多いタイプです。この企業ではどのような製品作りを行っているのでしょうか。

やさしさを届ける

年齢を重ねるにつれて、病院へ行く機会が増える方も多いでしょう。医療費の増大は家計に響くため、不安を抱いてしまうものです。患者さんの不安を少しでも取り除くため、長生堂製薬株式会社ではジェネリック医薬品の製造を行っています。膨大な年月と研究費をかけ、新薬は開発されることをご存知でしょうか。

コストがかかる分高額になってしまいますが、開発にかける時間と費用を多く削減することが可能です。ただ単に低価格の製品を提供するのではなく、患者さんへ安心を届ける努力を重ねています。新薬と同じ品質で、不安のないクオリティを持つ製品を提供する企業です。長生堂製薬株式会社では長く実績を積み、確かな効果と安全性の面で現場の医師たちから高く評価された医薬品を選んでいます。優れた効果が得られた製品を選び、製造を行っている企業です。

長生堂製薬株式会社の企業詳細|薬学生のための就職情報サイト【薬キャリ1st 2025】

さまざまな企業からの委託

長生堂製薬株式会社では、自社ブランドの製品を扱っています。しかしそれだけではなく、大手メーカーなど多数の企業からの委託を受け、製造を行っている企業なのです。安全性の高い製品作りを行えなければ、大手メーカーから支持されることはありません。多数のメーカーから高く評価されているため、現在数多くの製品を扱っていると言えます。

安全性の高いジェネリック医薬品を提供するため、クリーンな環境を常に維持し、最新タイプの設備を導入しています。厳しい品質管理を行い、ミスを許さない姿勢で製造を行っている企業です。現在ではセフェム系抗生物質製剤を製造するための工場を設けています。この医薬品を製造する環境を持つ企業は国内でも少なく、トップシェアを誇っている状況です。

「長生堂製薬」のニュース・最新情報 – 日本経済新聞

品質の高さを常に追求

長生堂製薬株式会社の歴史は、1894年に始まります。創業から120年を超える老舗と言えますが、現状に甘んじることなく、常に品質の高い製品を提供するための環境作りに尽力している企業なのです。最新の自動設備を導入し、作業者のスキル向上にも力を注いでいます。単に高性能の設備を工場内に設置するだけでは、納得できる製品を提供できないと言えるでしょう。そのため人材育成にも尽力しており、熟練の作業者が日々対応に当たっています。

安定的にクオリティの高いサービスを提供しており、国内外の取引先から高く評価されている企業です。受託可能な剤型は多数あり、粉粒や錠剤、さらにカプセルにも対応しています。本社のある徳島県徳島市には、セフェム系抗生物質製剤専用の工場を含め、3つの工場を構えています。ジェネリックは患者さんにとって必要な医薬品であるため、今後さらに長生堂製薬株式会社の成長が期待できるでしょう。