レンタルウェディングドレスのシルエットの違い

レンタルウェディングドレスのシルエットの違い ウェディングドレスのレンタルサービスを利用すると、多くの衣装の中から自分の好みのものを何着も試着して、より魅力的なものを選べるのがメリットです。選ぶ基準として大事なポイントの一つに、シルエットが挙げられます。ほとんどのレンタルウェディングドレスは単色ですので、デコレーションやフォルムそのものがデザインを大きく分けるものとなります。いくつかのタイプが存在していますので、それぞれの特徴を押さえておくと選びやすくなります。

よりオーソドックスで選ばれやすいのが、Aラインと呼ばれるものです。ウエスト位置を高めに設けていて、そこから足元に向かって広がる形です。全体的にAの字のシルエットに見えることからこの名前が付けられています。女性らしいラインができますし、上品ですっきりとした印象を与えるため、どんな背景にも合うのがメリットです。全体的なバランスも良いので、体型に関わらず着られます。ウエストが高めにあり、ボトムとの境界線が出てこないことから背が高く見える特徴もあります。デコレーションも比較的自由が利くので、いろいろなスタイルが存在します。ウェディングドレスのレンタル商品の中でも人気が高いです。

マーメイドラインも人気のあるシルエットです。人魚という名前があるように、上半身から膝あたりまでは体にフィットしていて、そこから下はフレアになっていて魚のヒレのように広がっているのが特徴です。特にウエストからヒップラインがボディーに沿って作られているので、セクシーさや大人っぽさを強調できるのが特徴と言えます。ある程度体型を選ぶシルエットですが、華やかさや魅力を際立たせてくれます。ドレープの入り具合や、裾のフリルの形や大きさなどによってイメージを調整しやすいです。

プリンセスラインはウエストでラインが切り替わり、上は体に沿っていて、下は広がりが大きい作りとなっています。足元に向かっていくにつれ、その裾の広がりが大きくなります。かわいらしさやゴージャスさを演出できるのが特徴です。体型に関わらず着られるため、マタニティー向けのレンタルウェディングドレスで人気が高い傾向にあります。

エンパイアラインも人気があるシルエットです。胸の下あたりに境目があり、そこから裾に向かって徐々に広がっていくスタイルです。ウエストが高いので、細身に見せてくれるのと身長が高く見えるのが特徴です。また、スカートの裾が流れるように動くため、歩く時の美しさも強調されます。このようにいくつかのシルエットがあるため、自分の体形や雰囲気に合ったものを知っておくと効率的に選べます。

最新ニュース